« The Group of Seven-Lionel LeMoine Fitzgerald | トップページ | 伊藤若冲 翡翠図 »

杉浦非水 レトロスタイル

Retoro‐Style〈1〉世界のレトロな挿絵コレクション・人物編   Retoro‐Style〈2〉世界のレトロな挿絵コレクション・動物編   Retoro‐Style〈3〉世界のレトロな挿絵コレクション・植物編

1935年「非水自伝六十年」に、「図案に進出しよう」という杉浦非水の決意は、1901年に黒田清輝がヨーロッパから持ち帰ったアール・ヌーヴォー様式のポスターを見てとあるそうです。この頃、神坂雪佳、浅井忠らもパリ万博に行き、多いに刺激を受けて帰国。その神坂雪佳は琳派継承のためにも尽力し、著作に図案集があるのですが、非水の決意もいくつかの図案集を出版し、世界人物図案資料集成世界植物図案資料集成 、そしてレトロスタイル1~3は、現在購入することが可能です。

絵画研究、古美術見学のためヨーロッパへ留学したのは40を過ぎてから。

デザイナー集団「七人社」、研究雑誌『アフィッシュ』を刊行するなど、のちのデザイン業界への貢献となっていきます。非水はポスター、ポストカード美人画本の装丁、雑誌だけではなく、花瓶や皿などの工芸品もあるはず・・・なんですが。

アール・ヌーヴォーに刺激を受けたものの、大正時代にはゼツェッション(アール・デコ)へと変化し、その後和風も取り入れていくのでした。

|

« The Group of Seven-Lionel LeMoine Fitzgerald | トップページ | 伊藤若冲 翡翠図 »

「杉浦非水 Sugiura, Hisui」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85894/2571954

この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦非水 レトロスタイル:

» 杉浦非水 ゼツェッション [RE+nessance]
三越では着物柄まで着手した杉浦非水。彼のデザインはへぇーと思うものもあれば、日露戦争後の政治背景色のつよい作品には、ちょっとと距離を保ちたくなる。 僕の性質を理解していただいていると思うが、芸術家において「好きな作品」として鑑賞するので、芸術家自身(作家、画家等)への陶酔がない。(藤田嗣治は別。彼は好き) アール・ヌーヴォーの寵児とも言われる非水。この日本のアール・ヌーヴォーといわれる時代には、浅井忠や神坂雪佳も存在し、非水と同時代の芸術家たちになる。 浅井と神坂は、パリ万博にもでかけ... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 07時37分

» 杉浦非水 ポストカード [remove]
大正期の文壇には芥川龍之介、有島武郎・武者小路実篤・志賀直哉ら白樺派、中里介山、菊池寛らが活躍し、演劇では小山内薫らが活躍する。 神戸市東灘区・灘区・芦屋市・宝塚市・西宮市・伊丹市を中心に阪神間モダニズムは、近代的な芸術文化・生活様式の発祥で、高級邸宅を中心に発展する。兵庫県立近代美術館、フランク・ロイド・ライト設計の山邑太左衛門邸(ヨドコウ迎賓館)、谷崎潤一郎の邸宅や旧居、仏教の大谷光瑞伯爵邸、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の校舎が建設され、小磯良平や手塚治、朝比奈隆に湯川秀樹まで、芸術... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 07時44分

» 杉浦非水 [KAFKA]
日本のアールヌーヴォーの時代に活躍した杉浦非水(1876 - 1965 本名 朝 [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 07時51分

» 杉浦非水 -明治のハイカラ 大正ロマン [Remove]
杉浦非水は、まったくもってグラフィックデザイナーである。だが、この美人画を描観るだけだと、当時(明治・大正)の時代では竹下夢二あたりのロマン的な雰囲気が漂い、あとに続く蕗谷虹児、中原淳一までも思い浮かべるのかもしれないが、非水はちょっと違うのだ。アール...... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 08時01分

» 杉浦非水 装丁本 [Panga]
杉浦翠子 『愛(かな)しき歌人の群』 昭和2年・福永書店 妻であり歌人である 翠子(本名 翠)の装丁を手がけた歌集です。 大正に入り、ゼツェッション・スタイルを吸収した杉浦非水ですが、この装丁も非水独自のデザインになるのでしょうか。 アール・ヌヴォーに感動し、大正11年に渡仏。 杉浦非水装丁は、この『愛しき歌人の群』のケースのほか、小学生全集から2巻(下)、29巻を紹介。この非水について、こういった図柄だけを作風にしているわけではないことを付け加えるために、リンクをしていますので、参... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 12時22分

« The Group of Seven-Lionel LeMoine Fitzgerald | トップページ | 伊藤若冲 翡翠図 »