« 謹賀新年 菊池容斎 の 太陽 | トップページ | ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス »

アウグスト・マッケ

マッケ(1887-1914)-は、1910年頃にフランツ・マルクと出会い、カンディンスキーと交流を持つようになります。澄んだ色彩を好み、マチス、そしてセザンヌの影響を受け、1911年「青騎士年鑑」の編集に加わり、印象派、表現主義の作風を、27歳という短い歳月のなかで、マッケという画家のスタイルを確立したようです。

Kairouan

アウグスト・マッケが戦死した1914年。この年、戦地に行くまえに、パウル・クレー、ルイ・モワイエとチュニジアへ旅行。この作品は、その1914年の「カイロワン I」です。マッケ、27歳。

Afternoon_in_the_garden_250

左はカール・エルンスト・オストハウス美術館所蔵の「午後の庭園」、右は個人所蔵の「帽子店にて輝く婦人」で、ともに1913年の作品。マッケ、26歳。

Farbige_formen_Ⅲ

カンディンスキーのコンポジション、インプレッションなどや、マルクのスモールコンポジションのように、抽象画の連作を描いています。作品は、個人所蔵の「カラード・フォーム(有色形式でも)」(1913年)です。この連作のⅠは ヴェストファリア州立美術館、Ⅱはドイツの現代美術博物館にあります。

Circus_1913_MUSEO THYSSEN-BORNEMISZA, Madrid

ティッセン・ボルネミサ美術館にある、1913年の作品「サーカス」です。マッケはサーカスや動物園、そして帽子店など、当時の風俗を主題に描いています。建物、街角、とうもろこし畑や釣り人の姿などを、詩的に、色彩豊かに描いています。

「portrait with apple the artists wife」 1909年、「Woman Embroidering in an Armchair: Portrait of the Artist's Wife 」 1909年 Stadtisches Museum, Mulheim an der Ruhr (Germany)

妻のエリザベートでしょうか。左が「りんごと共の肖像画:画家の妻」(個人所蔵)、右が「アームチェアで刺繍をする夫人:画家の妻の肖像画」(シュタットティシェス美術館)で、どちらも1909年の作品。マッケは22歳。

関連記事
アウグスト・マッケ 緑
パウル・クレーアレクセイ・ヤウレンスキー
フランツ・マルクパウル・クレー 天使KAFKA アレクセイ・ヤウレンスキー
カンディンスキーとミュンターフランツ・マルク バーミリオン
ワシリー・カンディンスキー(ヴァシリー・カンディンスキー)

|

« 謹賀新年 菊池容斎 の 太陽 | トップページ | ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85894/4987108

この記事へのトラックバック一覧です: アウグスト・マッケ:

» アウグスト・マッケ 緑 [Allegory]
アウグスト・マッケという人を最近知りました。日本の展覧会やHP、ブログの記事からみると、ドイツ表現主義といわれる作風ばかり。 青騎士という年鑑の編集に関わったマッケは、編集メンバーのフランツ・マルツと出会ったのが、マルクの初個展が開かれた1910年のこと。マルクをとおしてカンディンスキー、クレー、ミュンター、ヤウレンスキー、ファイニンガー、カンペンドンクという、抽象画や幾何学やらの形態と色を強�... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時00分

» アレクセイ・ヤウレンスキー [KAFKA]
ここはどこかというと、ハリウッドの伝説となったスイス生まれの女優グレタ・ガルボ( [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時02分

» ワシリー・カンディンスキー(ヴァシリー・カンディンスキー) [remove]
ワシリー・カンディンスキー(1866−1944)は、1911年に「芸術における精神的なものについて」という著作で、画面構成、色彩論を論じているが、この頃、カンディンスキーは非対称絵画(1910−1914)の作品を制作した年でもある。 抽象画は具体的な対象がないということだ。非対称絵画の場合は、半具象的なものが含まれる。カンディンスキーは、絵画・理論的著作・舞台コンポジション・詩作といった活動もはじめる。 1909年の「黄色い響き」(当初は「巨人」)、「緑色の響き」、「黒と白」などの舞台コンポ... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時04分

» フランツ・マルク バーミリオン [KAFKA]
フランツ・マルクといえば、青い馬、黄色いねずみなど、「動物」のモチーフを思い浮 [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時10分

» カンディンスキー と ミュンター [KAFKA]
カンディンスキーといえば、誰でも思い浮かべる「抽象画」です。カンディンスキーが後 [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時14分

» パウル・クレー 天使 [Blog She’s Style]
谷川俊太郎著作の「クレーの天使」でも紹介されている、パウル・クレーが画用紙に描いた、ペンシルの黒線の天使。難病に罹ったクレーが、症状の悪化時に、動かない手で描いたものです。 左うえから、「忘れっぽい天使」、「鈴をつけた天使」(この二点はパウル・クレー財団、ベルン州立美術館蔵)、左下は「希望に満ちた天使」、そして「泣いている天使」(二作品ともベルン州立美術館所蔵)です。4枚とも、1939年の作品で、難病の診断�... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15時39分

« 謹賀新年 菊池容斎 の 太陽 | トップページ | ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス »