« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス

0rpheus_03
オディロン・ルドン オルフェウス
1903~1910年
クリーブランド美術館

Head_of_orpheus_c_1881_300
オディロン・ルドン オルフェウスの首
1881年
MOMA美術館(だったかと)

Assetimage_300
オディロン・ルドン オフィーリア
年代不詳
アムステルダム国立博物館

MAKIさんとBAUさんに続いて、masaちゃんもルドン、ルドン、ルドンとモローをあわせて記事投稿。僕も3枚ほどアップしました。あと国内では、岐阜県立美術館に、「オルフェウスの死」が所蔵されています。

オディロン・ルドン関連記事
オディロン・ルドン
ルドンの装飾美 そして神話画パンドラ
オディロン・ルドン 作 「ポール・ゴーギャン」
オディロン・ルドン 蝶々に小花、 昼と夜
ルドン 「オフィーリア」 Odilon Redon,Ophelia
arekao! Maki's Style blog ルドン 「ヴィーナスの誕生」
何の印象もないBlog ルドン ガラテア 作品「キュクロプス」

Sai先輩やa-lei先輩、そして楓さんもアップするかなぁ~、重複しないかなぁって、メールしたら、「ルドンは興味ないよ。好きなのアップしなよ~。」ということで、楓さんの画集から頂戴した画像です。

↑追記:記事書いたんですね。・・・。

さてさて、どの記事もモローが登場しています。モローになんらかのインスピレーションを得ているのではないかって?でも、オフィーリアはないよね、モロー。

でも、オルフェウスはあるんだ。

Orpheus1
ギュスターヴ・モロー
右:オルフェウス 1864年 水彩 松尾 博 コレクション
左:オルフェウス(オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘)
1865年 油彩 オルセー美術館所蔵

竪琴のうえにオルフェウスの首をのせているモチーフ。ルドンもそのモチーフで描いています。やっぱりインスピレーションでしょうか?

ギュスターヴ・モロー 関連記事

XAI キマイラたち 悪魔的なデカメロン
ギュスターヴ・モロー人類の生から
未完のようなサロメ そしてエボーシュ
ギュスターヴ・モロー 歌舞伎役者/「詩人と聖女」
ギュスターヴ・モロー 「歌舞伎の女形二人」
ガラテアイアソンとメディア多翼祭壇画「人類の生」
ギュスターヴ・モロー  アフロディテ
ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ
ギュスターヴ・モロー 「サロメ」年代不詳
「大皿にのせたバプテスマのヨハネの頭をはこぶサロメ」(個人所蔵)
「サロメの舞踏」 1876年頃 水彩 メナード美術館所蔵
「踊るサロメ」(刺青のサロメ) 1876年頃 モロー美術館
「踊るサロメ」 1886年 水彩 ルーブル美術館
「ヘロデ王の前で踊るサロメ」 1876年 モロー美術館

「ギュスターブ・モロー サロメ」
「エチュード(習作) サロメ」(部分)
「ジョン=バプティストの斬首」 / 「サロメ」
「エチュード サロメ/レダ」(部分)
「エチュード ジョン=バプティストの斬首のサロメ」

ギュスターヴ・モロー サロメ
「サロメ」1875年 モロー美術館所蔵
「ヘロデ王の前で踊るサロメ」 1876年 アーマンド・ハマー所蔵
「出現」1876年 水彩 ルーブル美術館所蔵
「出現」1876年 油彩 モロー美術館所蔵
「牢獄のサロメ」東京国立西洋美術館
「サロメ」 年代不詳 モロー美術館
「サロメの舞踏」年代不詳 モロー美術館
「庭園のサロメ」1878 個人蔵

| | トラックバック (9)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »