« Totentanz 死の舞踏 | トップページ | クリムト、シーレ ウィーン世紀末展 パラス・アテナ(&MUSICⅡ) »

エマオの晩餐

モーリス・ドニ 「エマオの晩餐」 1894年  LES PÉLERINS D'EMMAÜS by Maurice Denisi

画像のアップロードで、「画像を文字の横幅にあわせる」という機能が増えました。どんな感じになるのだろうと、今日は、その機能でアップしてみました。

なんだか、迫力がありすぎます・・・。

さて、a-leiさん、Saiさん、そして楓さんの息子さんは、この4月に大学に入学。(おめでとうございます。)Saiさんと楓さんの息子さんは、大学は別ですが、どちらもキリスト系の大学です。

楓さんの息子さんは、付属の大学なので、そのままエスカレーター式でご入学。高校時代の「聖書の時間?」に使用していた、ものすごい分厚い「聖書」をお借りしてきました。

ティッツィアーノ 「エマオの晩餐」 1533年頃  Supper at Emmaus, by Titian National Museums Liverpool

ルカによる福音書 エマオで現れる
ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレエムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、この一切の出来事について話し合っていた。(←イエスの復活のこと) 話し合い論じ合っていると、イエスご自身近づいてきて、一緒に歩き始められた。しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとはわからなかった。

(略)

イエスとわからぬその人を、二人は泊まる家に、誘います。

一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目は開け、イエスだとわかったが、その姿は見えなくなっていた。(この続きも略。引用:「聖書 新共同訳 日本聖書協会 ルカによる福音書)

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)「エオマの晩餐」(1601-02)  Christ and the disciples at emmaus by Caravaggio

さて、作品は、モーリス・ドニの「エマオの晩餐」(1894年)、リバプール国立博物館所蔵のティッツィアーノの「エマオの晩餐」(1533年頃。ちなみに1535年頃の作品はルーブル美術館)、カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の「エマオの晩餐」(1601-02 ロンドン,ナショナル・ギャラリー)です。

パンとぶどう酒をキリストの肉と血として共食する聖餐式(←引用:Wikipedia)に、カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)は、タブーとされているローストチキンなんか描いています。

ティッツィアーノは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を思い起こさせます。

エマオの晩餐とは、「燃える心」と「開かれた目」を失わないことが、真実を知るという教訓でしょうか。

19世紀の画家のモーリス・ドニは、ナビ派らしい、前衛的な作品です。テーブルの蝋燭の炎が印象的。

モーリス・ドニ 関連記事
*天国
*ピエタ
*バッカス祭
*セザンヌ礼賛
セザンヌの「果物鉢のある静物」、ドニの模写などの画像が追加されました。リンクの画像は、僕がアップしてあげたんですからー!
*受胎告知/壁画
*庭園を行く少女たち
*アムール表紙/木の葉の階段
*塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから
*無題 水彩リトグラフ/春景色
*アモール 12色石版画/木の葉の階段
*ゴーギャンの黄色いキリスト ドニの黄色いキリスト
*ドニ ポートレート/アムール リトグラフ/ 他リトグラフ
*モーリス・ドニ クピドとプシュケの物語 七つの作品
*習作 春の森/"Trestrignel"海岸の浜辺/緑の木/オルフェスとエウリュディケ(エウリディーチェ)
*ピロウとシンボルウス/デペシュトワ - トゥールーズ/エンジェル/マダム・ランソンと猫/春の森林/イースター・ミステリー

http://magnummasse.blogtribe.org/

|

« Totentanz 死の舞踏 | トップページ | クリムト、シーレ ウィーン世紀末展 パラス・アテナ(&MUSICⅡ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85894/5983117

この記事へのトラックバック一覧です: エマオの晩餐:

» モーリス・ドニ [Magnum masse]
モーリス・ドニ 「ピロウとシンボルゥ」 1900-1903年  ギャラリー ベレス 所有 left「デペシュトワ−トゥールーズ」 ポスター習作 「急いで!トゥールーズに?」  ギャラリー ベレス 所有 「エンジェル」 年代不詳 ブラウアー美術館所蔵(バルパライソ大学センター) 「マダム・ランソンと猫」 1892年 モーリス・ドニ美術館 (ル・プリウレ美術館) ポール・ランソンの夫人だろう。 左が「春の森林」年代、所蔵不詳  ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 19時21分

» モーリス・ドニ ドニの中のドニ by KAFKA [KAFKA]
ナビ派のモーリス・ドニ。ここはもと修道院で、ドニのお屋敷でもありました。こ~んな [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 19時29分

» モーリス・ドニ 〜 ドニの中のドニ by 楓 〜 [Life Style Concierge]
ドニ初心者だという mari ちゃんが、「ドニの中のドニ」なんて、澁澤龍彦氏のようなタイトル記事で、とってもやさしい風合いの作品をアップしました。 それで、楓のドニの中のドニは、アモール(アムール)の表紙です。最後に素人解説しますね。 ドニの作品をアップするのは、難しいね、ホント。 MAKIちゃんが、ゴーギャンのコメントに、こんなメッセージを入れていました。 ゴーギャンって、凄い色使いをしてたと思うんだよね。だから、下手な印刷物やポストカードからは、すっごい野暮ったくなったりするじゃ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 19時59分

» モーリス・ドニ 3枚の受胎告知 [remove]
「(フィエーゾレの) 受胎告知」 サン・フランチェスコ教会があるフィエーゾレ(地名)。なんとも影は色、そして眩しい光。この人こそ、実際を見ないとね。印象が違うな。最近になって、この人凄いと思ってます。(笑) 付録 「聖オディール カソリック教会の壁画」 ラプトロワ(オー=ラン 旧アルザス地方) Sainte-Odile Patronne ed l'Alsace Priez Povr Novs と記されている。 この右手前の四人組が気になるのだ。もし何かわかれば、追記する... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 20時01分

» モーリス・ドニ リトグラフ [RE+nessance]
モーリス・ドニといえば、色彩と平面。 僕は、この色彩を取り払った、あるいは抑えたドニに注目した。 ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館所蔵の「テンダネス(優しさ)」だ。1893年の作品。 ドニの版画にはあまり詳しくないので、これが何かの挿画なのかもわからない。 ただ、版画集「アムール」には、何点か好きな作品がある。 Mariさんがアップした記事で、「無題」になっているのは、やはりアムールの1枚。タイトルを調べてみたら、「Les crepuscules ont une do... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 20時05分

» モーリス・ドニ バッカス祭 [REMOVE]
モーリス・ドニ 「バッカス祭」 1920年 石橋財団ブリヂストン美術館 フルサイズ でどうぞ。 ディオニュソス(ディオニソス)神話のディオニュソスは、ご存知のようにバッコス(バッカス)のことだ。ゼウス(ジュピター あるいはユピテル)とセメレの子。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 20時39分

» モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから [XAI]
モーリス・ドニ 塔の花嫁 1894年 Galerie Daniel Malingue ジャン・コクトーの「エッフェル塔の花嫁花婿 Les Maris de La Tour Eiffel」(1924年刊)ってある。1921年の習作と、1940年頃のデッサンもあるね。 モーリス・ドニのこの作品も、「塔の花嫁」という。こち... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 23時10分

» モーリス・ドニ ~ドニの中のドニ [mari-note]
モーリス・ドニ  無題 1898年 水彩リトグラフ モーリス・ドニ 春景色(神 [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 00時17分

» モーリス・ドニ 天国 [BLUE MOON]
モーリス・ドニ 天国 1912年 オルセー美術館所蔵Sai さんの「セザンヌ礼賛 [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 08時44分

» モーリス・ドニ 集団肖像画 「セザンヌ礼賛」 [Die Verwandlung]
以前の記事で、オルセー美術館所蔵に、 フレデリック・バジールの「[url=http://www.actiblog.com/renaissance/24226]バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り[/url]」を紹介した。バジールと交流のある画家 アン...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 10時13分

« Totentanz 死の舞踏 | トップページ | クリムト、シーレ ウィーン世紀末展 パラス・アテナ(&MUSICⅡ) »