« エマオの晩餐 | トップページ | エゴン・シーレ ノイレングバッハの芸術家の部屋 »

クリムト、シーレ ウィーン世紀末展 パラス・アテナ(&MUSICⅡ)

日本オーストリア交流年2009  (Osterreich-Japan Jahr 2009 - 日墺修交140年)のイベントとして、2009年、札幌、東京、大阪、北九州で、「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」が行われるそうです。これは「ブラジルのフランス年」とおなじではないようですね。「日本のオーストリア年」ではないですから。

いま札幌で「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」が開催中。つぎに9月16日~10月12日東京、日本橋高島屋アートギャラリーで予定されています。そのHPでパラス・アテナのゴルゴンの胸板をみて、似ているなぁと思ったのが「MUSICⅡ(音楽Ⅱ)」です。クリムトはサッフォーも作品にしているからでして、竪琴をもっているところからそうではないかと。

MUSIC Ⅱ (1898) Gustav Klimt (C)Flickr

ところが、これは寓意画「音楽Ⅰ」からひもとくと、実はこの音楽Ⅰのバリエーションで、竪琴は「ピアニストJ・ペンバウアーの肖像」(TBありがとうございました。)と同じ「キターラ」らしい。

Music2_2

古代風のモチーフは、Ⅰ同様にスフィンクスとその頭上は分離派好みのタンポポ(裸の真実にもあります)が、風に吹かれ種子を飛ばすところから「芸術思想の伝播」といわれています。

丸い球状(たぶん金色)は、葡萄の房を示し、ディオニュソス祭り(ブルグ劇場にも「デュオニュソスの神殿」を描いています)を主題とする壷絵からとられているそうです。焼失したこの「音楽 Ⅱ」はほとんど構図やモチーフは「音楽 Ⅰ」と似ていますが、人物が違います。この作品ではファムファタル的な女性かもしれませんよ。

Klimt_pallas_athene
パラス・アテナ (1898) Gustav Klimt

Photo_2 クリムトの「音楽Ⅱ」

大きな画像はこちら
KLIMT COLLECTION

パラス・アテナのゴルゴンの胸板とファムファタル的な女性の膝元に顔をだしている仮面が似ていると思ったのは大間違い。

「音楽 Ⅱ」の仮面のようなモチーフは、演劇的世界と暗示している「サテュロスの仮面」だそうです。

キターラはアポロンが弾くモチーフで、音楽の神様をあらわしているということで、音楽と演劇の世界をこの絵は象徴しているのでしょうか。

パラス・アテナはいい意味で峻厳な女性で描かれていますが、ちょっと強面の騎士という感じが否めません。アテナ(ミネルヴァ)は、兜、胸板をつけ、槍と盾を手にしている。(ボッティチェリのアテナはこちら。→「ボッティチェリ 至福の花々 (サンドロ・ボッティチェッリ)」ミネルヴァ(パラスアテナ)とケンタウロスはずーっと下のほうに大きく画像がアップされています。)

23mini 1898年に開催された「第1回分離派展ポスター」はクリムトの作品。ここに「パラス・アテナ」が右横に登場しています。

第2回分離派展に、さきの「パレス・アテナ」を出品したわけです。

さて、ご存知の方はご存知。このポスターは修整されたものです。「陰部」がさりげなく加えられた樹木で見えてませんね!

大変ですね。検閲も。

ゴルゴンは醜い女の魔物。ゴルゴン(ゴルゴーン)の首は古典時代にはしばしば魔よけ(ゴルゴネイオン、Gorgoneion)に用いられたそうですが、たしかゴルゴンを醜い女にしたのは、このアテナのはず。またパラスはアテナの別名とされていますが、由来はアテナの親友。うしろの黒い背景の左側、ギリシャ風に平面に描かれた人物がパラスなのかも。

Miniこちらが検閲まえの作品。パラス・アテナがみつめる先には、ミノタウロスと戦う英雄テセウス。

オルブリッヒ設計の分離派会館(セセッション館)は、月桂樹のドームを「黄金のキャベツ」と揶揄されますが、パラス・アテナを庇護神に、ヘヴェジの 「 時代にはその芸術を、芸術には自由を 」 をスローガンに、第1回分離派展を開催。

この盾もゴルゴン。ゴルゴンはウィーン大学天井画ベートーヴェン・フリーズの女性像に発展。

クリムトのパラス・アテナは輝く鏡をもった勝利の女神ニケを手にしています。これが翌年制作の「裸の真実」につながるそうです。

カフェ・ムゼウム(Caf Museum)ではクリムトやシーレら世紀末のアーティストたちのシンジゲート。「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」では、この時代のココシュカなどの作品も来日しているということです。

XAI 
クリムトの記事はたくさんありますが、まずはこちらから。手作りのクリムト美術館で、いろんな作品記事にリンクしています。

|

« エマオの晩餐 | トップページ | エゴン・シーレ ノイレングバッハの芸術家の部屋 »

「ART」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85894/30530396

この記事へのトラックバック一覧です: クリムト、シーレ ウィーン世紀末展 パラス・アテナ(&MUSICⅡ):

» クリムト エミーリエ・フレーゲの肖像 [Art de Vivre]
In 1904, she and her sisters, Helene and pauline, had opened a fashion salon, smartly outfitted by the Wiener Werkstatte, in Vienna's Casa Piccola. 1904年、エミーリエ・フレーゲ(Emilie Louise Flge) は、姉のヘレンとブティック「カーサ・ピッコラ(Piccola Casa)」をオープンさせました。 Emili... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 01時21分

» グスタフ・クリムト ピアニストJ・ペンバウアーの肖像 [Fin de sicle]
      Portrt des Pianisten Joseph Pembauer, 1890 Gustav Klimt 珍しい作品だと思って記事に。 クリムトの数少ない男性の肖像画はピアニスト ヨゼフ(ヨーゼフ)・ペンバウアー。 クリムトの写真的リアリズムというらしいが、人物がよくわかる。写真もきっとこうだろうと。 もっとも気になったのは額縁。この額縁にこそ興味がある。千足伸行という人の作品解説があり、それを参考にさせてもらう。 まずは背景。 真紅の背..... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 23時16分

» クリムト 肖像画 「扇をもつ夫人」 [Noblesse Oblige]
Donna con ventaglio (Woman with Fan) 1917~18 個人蔵 「扇をもつ夫人」はグスタフ・クリムトの晩年の作品。あまりクセのない作品です。ドレスが肩をすべり落ちているところはこの上流夫人のスキャンダルにはならなかったのでしょうか。 消失した「ワリー」も同じように左肩をはだけていますが、この肖像画の夫人の名前がわかりません。モデルの特定ができない作品です。 クリムトが描いた女性、または取り巻く女性も多く、クリムトのアトリエはハーレムだった時期があるそう... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 23時17分

» グスタフ・クリムト 踊り子 [Lieben]
僕が選んだクリムトは、「踊り子」(The Dancer)です。 これを選んだ理由はクリムトの死後に公開された作品だから、です。 この「顔」ですが、あるブログの記事にアップされたクリムトの肖像画にそっくりと思ったのは僕だけなのか・・・。 この「踊り子」ですが、千足伸行さんの解説によると、画面左の小さなテーブルと幾何学の絨毯について説明がありました。「キュビズム云々は早計すぎる」と。 つまり、画家の視点が移動している点を指摘しているのですよ。視線が水平とすれば斜め上から見下ろすように描かれている... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 20時35分

» クリムト 二人のメーダ [Adventures in Wonderland]
Mada Primavesi 1912「メーダ・プリマヴェージの肖像」はメトロポリタン美術館にあります。ウィーンの富裕の銀行家のお嬢らしい印象。ほんのまだ子供(10歳)なのにこの貫禄とは。不機嫌なアリス・リデルのようにも。メーダの母親もファースト・ネームが「メーダ」。クリムトはこの「二人のメーダ」を描いています。このお嬢のメダから、「扇をもつ夫人」(モデル不明)が母親のように感じますが、メーダのママはこんなにもふっくらとして、お優しいイメージ。元女優にはみえません。 Eugenia (Mada) ... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 20時35分

» クリムト アダムとイヴ 未完の作品 [BLUE MOON]
手その他一部が未完成の作品。禁断の木の実も未完成。 「アダムとイブ(アダムとエヴ [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 04時27分

» グスタフ・クリムト 女友だち [mari-note]
グスタフ・クリムト 女友だち 1916-17 1945年焼失わたくし、知らなかっ [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 05時56分

« エマオの晩餐 | トップページ | エゴン・シーレ ノイレングバッハの芸術家の部屋 »