« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »

アンドルー・ラングの詩「ジャンヌ・ダルク」と画家ジョン・ダンカン

Jehanne d'Arc et sa garde ecossaise by John Duncan

ジョン・ダンカン 「ジャンヌ・ダルクと前衛のエコセーズ」 1896 エディンバラ市議会

アンドルー・ラングの「ジャンヌ・ダルク」という詩

The honour of a loyal boy,
The courage of a paladin,
With maiden's mirth, the soul of joy,
These dwelt her happy breast within.
From shame, from doubt, from fear, from sin,
As God's own angels was she free;
Old worlds shall end, and new begin
To be

Ere any come like her who fought
For France, for freedom, for the King;
Who counsel of redemption brought
Whence even the armed Archangel's wing
Might weary sore in voyaging;
Who heard her Voices cry "Be free!"
Such Maid no later human spring
Shall see!

Saints Michael, Catherine, Margaret,
Who sowed the seed that Thou must reap,
If eyes of angels may be wet,
And if the Saints have leave to weep,
In Paradise one pain they keep,
Maiden! one mortal memory,
One sorrow that can never sleep,
For Thee!

エディンバラ市議会所コレクションのジョン・ダンカンの「ジャンヌ・ダルクと前衛のエコセーズ」は、アンドルー・ランゲの詩がインスピレーションとなったらしいです。

ジョン・ダンカンはケルト復興運動を代表する画家の一人だけれど、スコットランドの首都エディンバラは6世紀のケルト人の砦を起源としてます。

イングランドへの併合は年。ジャンヌ・ダルクの時代は、ステュアート朝のスコットランド王ジェームズ1世の時代。同盟国はフランス。

イングランド王ヘンリー4世にジェームズ1世は18年間拘束されています。ヘンリー6世の時代の1424年に引き渡されスコットランド王に即位しています。

1429年には同盟国フランスの救世主「オルレアンの乙女」ことジャンヌ・ダルクと共にスコットランド兵士たちはイングランドと戦ったのです。

ところが宮廷内で孤立してしまったジャンヌはフランスのために戦ったはずですが、ブルゴーニュ派から1430年にイングランド軍に引き渡され、翌年火刑となるのです。

それから6年後、ジェームズ1世もスコットランド人の反感から暗殺されました。

Jehanne d'Arc et sa garde ecossaise by John Duncan

ジャンヌは1425年、、オルレアンを救えという聖女カトリーヌ、マルグリット、大天使ミカエルの声を聴き従ったのです。アンドルー・ラングの「ジャンヌ・ダルク」にも、”聖ミカエル、カトリーヌ、マーガレット”と、この聖人たちを告げています。

ジョン・ダンカンの「ジャンヌ・ダルクと前衛のエコセーズ」で、スコットランドの民族舞踊(エコセーズ)が、フランスとイングランドで取り入れられたのが18-19世紀のことです。

歴史とスコットランド、フランス、イングランドの三国を象徴したともいえる作品はエディンバラ市議会所蔵にふさわしいですが、見た記憶が僕にはありません。シティーアートセンターに展示されているんでしょうか。

ジョン・ダンカンの作品はXAIさんの記事から各作品記事にリンクしています。

XAI  ジョン・ダンカン 遊びの園 

人類学者のアンドルー・ラングはスコットランドの文学者でもあります。日本では童話のほか「書斎」などが翻訳されている人。民族、神話、宗教、ホメロスなどの著作でも知られている人ですが、特にケルトについてはあまりつながりはないようだけれど妖精についての著作は多数。

歴史上の人物については、特に メアリー·スチュアート がお気に入りだったようですが、1906年には「ジャンヌ・ダルク物語」を書いています。

画家ジョン・ダンカンはスコットランド生まれで、スコットランドを非常に愛した画家なんでししょうか。スコットランドにまつわる人物や物語の作品が彼の代表作といってもいいのでは。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »