ロスリン礼拝堂

rosslynchapel僕の好きな師弟の柱が存在する、テンプル騎士団がスコットランドの丘に築いた暗号をはりめぐらせた殿堂。ロス リン礼拝堂のことです。ダ・ヴィンチ・コードでは、213の立方体からなる天井の謎、彫刻の謎の数々を解き明かせば、ダ・ヴィンチが守ろうとした最大の謎が明らかになるといいます。

この天井ですが、砂で薄い真鍮板を覆い、板に対して配置された弓で音の調べを鳴らして、移動する砂に振動パターンが生成したものを組み合わせて創られています。これは宗教音楽の音響波形が礼拝堂の壁を飾っているらしいのですね。

1466年に、セントクレア卿により建てられた古い教会で、石工組合であるフリーメイソンとの関わりがあり、さまざまな伝承をもつ不思議な石の彫刻が、建物の装飾のいたるところに隠れています。

| | トラックバック (4)